消費者金融では大きな金額が借りられなくなった??

貸金業法の改正は借り入れをする側にも、お金を貸す側にも大きな変化をもたらしたものとなりました。本人収入がある方でないと貸金業者から借り入れできなくなっています。

 

また、本人収入がある方も借り入れできる金額は年収の3分の1までと厳密に定められました。これは貸金業者からの借り入れをすべて合計しますので、以前のように一社で借りられなくなったらまた違う金融会社で借りる、ということはできなくなっています。年収の3分の1までの金額しか借りられない法律は、総量規制と言われます。

 

これによって消費者金融では大きな金額が借りられなくなった、と思い込んでいる方が多いのですが必ずしもそうではありません。年収の3分の1まで、という金額は揺るぎませんが例えば年収300万円の方なら100万円までは借りられるということです。それほど少額の借り入れではないと感じた方も多いのではないでしょうか。

 

また、以前からの借り入れを借り換えたりまとめたりする場合は、貸金業者からの借り入れであっても総量規制の金額にこだわる必要がありません。利用者にメリットがあると判断されるからです。

 

また貸金業者がこのように借り入れできる金額が定まっているのなら、銀行カードローンなどはどうなっているのだろうかと気になりますね。銀行カードローンは貸金業法の規制を受けません。確かに、銀行カードローンのウェブサイトなどでは総量規制の金額にこだわらずに借り入れできますと表記してあるところも多いです。

 

しかし、銀行カードローンも返済できる範囲内での貸付を行わなければ経営に問題をきたしてしまいます。総量規制の金額に厳密にこだわる必要はないけれど、大きく何百万円も超えた限度額を設定することはまず難しいと考えておくべきでしょう。一部の銀行カードローンの利用者の口コミでは、やはり年収の3分の1までの金額以下、超えたとしてもごく少額の限度額設定がほとんどのようです。

 

消費者金融でも最大限度額は500万円という所もたくさんあります。大きな金額が借りられない、というのではなく収入に応じた金額が借りられると考えるとよいでしょう。また、最初はさほど大きな限度額が設定されなかったとしても、きちんと返済を続けていくと信用度が上がり、総量規制の範囲内までは限度額増額をすることができる消費者金融がほとんどです。