ブラックでも即日融資OKの広告は本当?

すぐにお金を借りたいけれど、自分が借り入れできる状態ではない場合、つまりいわゆる金融ブラックの状態で「どなたでも即日融資できます。」「審査なしでブラックの方も借りられます。」という広告を見かける時もありますね。

 

お金を借りたくて困っていると、ブラックでも借りられるという言葉を信じてしまいそうになりますが、本当に借りられるのでしょうか?これにはそもそもブラックという状態がどういう状態なのかを知っておくことが必要です。

 

金融ブラックとよく使われていますが、これはいわゆる金融事故を起こした状態のことをいいます。金融事故とは返済の遅れを繰り返したり、返さなかったりという返済に問題があった状態になります。

 

返済に遅れてはいけないのは、この金融事故の記録をすべての金融機関が照会することができるからです。一つの金融機関で返済に遅れてしまった場合、その記録はその金融機関だけに残るのではありません。個人信用情報機関にも記録が残されることになります。

 

個人信用情報機関は、金融機関ならどこでも申し込み者の履歴を照会することができます。キャッシングやカードローンなどの保証人や担保などがない金融商品は、過去の借り入れ履歴や返済履歴を重要視します。個人信用情報機関に残された記録や収入などを元に信用度を測るのです。

 

つまり、ブラックの状態ということは個人信用情報機関に延滞の記録が残っていることです。延滞をしたことがある人物はまた再度延滞をすると考えられてしまうのです。どこの金融機関でも貸付をしない状態だと考えるとよいでしょう。

 

ブラックでもすぐに借りられるという広告は、逆に「正規の金融業者ではないのではないだろうか?」と疑う理由になるはずです。申し込み者を募ることで、違法な金利による貸付をしたり、お金を振り込ませてだまし取ったりという犯罪を行っている可能性があるのです。

 

どうしてもお金が必要で、さらにそれが緊急の状態ということなら、こういったブラックでもすぐに貸します、審査がありませんという広告を見て即申し込みをしたくなってしまいます。しかし、個人信用情報機関では一定期間必ず延滞の記録を残しています。この期間が過ぎてブラックといわれる状態でなくなってからでないと、金融機関からお金を借りることはまず難しいと認識しておくべきです。