即日融資も可能な消費者金融で、即日借入!

即日融資のためになぜ消費者金融が選ばれている?

急いでお金を借りる方法はたくさんあります。
消費者金融のローンなどを利用した経験がある方、現在利用中の方は日本国内で10人に7人ほどにも上ると言われています。
金融機関だけでなく誰かに借りるという方法もあるにも関わらず、すぐにお金を借りたいという時にはやはり消費者金融を選ぶ方が多くいるのはなぜでしょうか。

 

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 最短30分で審査
  • 即日融資も可能
  • 30日間無利息サービス※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください
  • 24時間対応の振込みキャッシングやインターネット返済がある

実質年利 4.5%〜17.8%
融資限度額 500万円
おすすめ度 評価5
プロミスの総評

SMFGグループSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは安心の三井住友フィナンシャルグループの一員です。そのため三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座を振り込みキャッシングの受取口座に指定をすると24時間振り込みキャッシングが可能となります。

またその口座はそのまま、24時間対応のインターネット返済にも使えるため無駄がありません。30日間無利息は初めての借入翌日から適用となりこちらにも無駄がありません。

 
 

モビット

モビットの特徴

  • WEB完結がある
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • 審査時間は最短30分

実質年利 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
おすすめ度 評価4
モビットの総評

モビットといえばWEB完結というほどに知名度が高くなりましたが、WEB完結とはインターネット上ですべての手続きができるサービスです。

申し込みや契約はもちろんのこと、借入や返済も行えるためカードが必要なく、カードレスキャッシングになっています。借入は振込みキャッシングとなり平日の14時50分までが当日対応となりますが、使い方次第で便利なキャッシングになるでしょう。

 
 

アコムの特徴

  • 30日間無利息サービス※詳しくはアコム公式サイトをご確認ください
  • 即日融資も可能
  • 24時間対応の振込みキャッシングやインターネット返済がある

実質年利 4.7%〜18.0%
融資限度額 500万円
おすすめ度 評価4
アコムの総評

30日間無利息は初めての契約翌日から適用となるため無駄のないように注意しなくてはなりません。
楽天銀行口座があると24時間振り込みキャッシング、インターネット返済が可能となりキャッシングがより便利になります。

 

 

選ばれる理由はスピードと安心とサービスにあった

どうしてこれほどたくさんの方が利用しているのでしょうか?消費者金融と聞けばいまだに怖いとイメージしてしまう方も少なくない中で、利用者をぐんぐん伸ばしているということには何か秘密がありそうです。

 

銀行系消費者金融という新しい分野

消費者金融に不安をイメージする方はおそらく、「サラ金時代」を知っていることでしょう。
もしくは闇金と混同しているかもしれません。
確かに闇金は今でも数多くあります。
堂々と公式ホームページをつくり「闇金です」「ソフト闇金です」と記載している時代です。
危険なキャッシングを防ぐためには、充実したサービスと安心がある”銀行系消費者金融を選ぶ”ことが鉄則です。

 

即日融資を受けたい時に消費者金融を選ぶ、その理由はやはり希望が叶えられやすくなっているからでしょう。
もしも、お金を必要とするタイミングに間に合わないのならその借り入れは無駄になってしまうと考えれば、消費者金融の借り入れまでのスピードが人々を申し込ませているのです。

 

使いやすさもその選ばれている理由になっているでしょう。
どんなに早く借り入れできても、借り入れのたびに手数料や手間がかかる、返済にも同様に手数をかけないといけない、ということになるとやはり利用者は減少してしまうものです。

 

早く借りられて使い勝手もよい所でキャッシングしたい、と考えるのは利用者すべての借り入れに対しての願いと言ってもよいのではないでしょうか。

 

ポイント

消費者金融は、申し込みの豊富さ、スピードもさることながら、利用中の利便性のよさも選ばれる理由になっています。

 

充実した申し込み方法がスピードを極める

ネットの利用がしやすい消費者金融が多いこともその理由でしょう。
借り入れ前にどこにも行かなくてもよい、誰にも会わなくてもよい、こういった気持ちの上での負担を減らすネットでの申し込みは、性別に関わりなく様々な年代の方に利用者を増やしている一因となっています。

 

もちろんネットだけでなく直接申し込みに行く場合も、店舗だけでなく契約機という方法を選ぶこともできるようになっているのです。契約機は誰にも会わず、その場でカードが発行できることから、ネット申し込みがメインになりつつある現在も人気のある申し込み方法です。

 

増えている消費者金融の便利な申し込み
  申し込み方法 審査対応時間 審査対応時間
プロミス インターネット申し込み 24時間受付 9時〜21時
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 平日10時〜18時(一部店舗は営業時間延長)
プロミス自動契約機 9時〜22時(一部21時もある)
三井住友銀行ローン契約機 9時〜21時(契約機により営業時間、休日が異なる)
電話 9時〜22時
郵送 随時
モビット インターネット申し込み 24時間受付 平日10時〜19時
ローン申込機 8時〜21時
電話 9時〜21時
郵送 随時
アコム インターネット申し込み 24時間受付 9時〜21時
店頭窓口 平日9時30分〜18時(一部店舗では営業時間延長)
自動契約機(むじんくん) 8時〜22時
電話 平日9時〜18時
郵送 随時

 

店舗も最近は接客がよいと言われている消費者金融も増えています。
地域に積極的に貢献している店舗や、明るい店内、安心できるサービスなど以前の消費者金融とはガラリと雰囲気が変わっていると言ってもよいでしょう。

 

例えばプロミスのお客様サービスプラザ

全国に18店舗と限られた数ではありますが、地域貢献を活発に行っています。
地域住民の展示会や英会話教室など、いわば市民センターのように使われているものであり、消費者金融でありながら親しまれた場所でもあります。

 

充実したサービスというメリット

振り込みキャッシング、これは自身で用意した銀行口座に借入金額を振込みによって入金してもらう方法です。
今では消費者金融ではごく一般的なサービスとなっていますが、実は金融業界ではまだ浸透しているものではなく消費者金融独特のサービスとなっています。

 

また借入や返済の方法が豊富にそろえられていることも消費者金融の特徴です。

 

金利が高いことを、それ以上のサービスでカバーできるだけの充実度があります。
いつでも借入ができること、いつでも返済ができること。
実は消費者金融では24時間いつでも借入や返済をする方法が何かしら用意されていることが多くなってきました。

 

代表的なサービスとして無利息期間があります。
消費者金融でもそれほど多くが用意しているサービスではありませんが、「無利息期間があること」と「活用できること」は違いというポイントを抑えておきましょう。

 

無利息期間のサービスをいかに活用するのか

例えば大手消費者金融の中ではプロミスとアコムが「30日間無利息」を用意しています。
いずれも初回限定のサービスであり、利用するには条件があります。
しかし、プロミスとアコムの30日間無利息は”同じようで異なるもの”ということをみてみましょう。

 

  適用条件 適用開始日
プロミス 初めてプロミスを利用すること 初めての借入翌日
WEB明細(インターネットの会員ページで明細書を確認する方法)を選ぶこと
Eメールアレスを登録すること
アコム 初めてアコムを利用すること 契約翌日
35日ごとの返済(返済期日設定)を選択すること

 

適用条件は大きな問題ではありません。
いずれの条件もマイナスになるものではないからです。
決定的な違いは「適用開始日」にあります。
プロミスの場合には「初めての借入翌日からの適用」であり、アコムは「契約翌日からの適用」です。

 

即日融資を希望するのであればどちらにも無駄はありませんが、いざ利用するとなったときに30日間無利息を無駄なく活用できるのはどちらになるのか、実際に比較をしてみるとおわかりになったでしょう。

 

金利が高いマイナス要素をどう乗り切るか

消費者金融といえば高金利、というイメージはあります。

 

一般的な消費者金融→上限金利20.0%
大手消費者金融→上限金利18.0%
一般的な銀行カードローン→上限金利14.5%前後

 

まずはなぜ上限金利をみるのか?についてご説明しましょう。

 

上限金利をみる理由

消費者金融では金利に幅があります。
例えばSMBCコンシューマーファイナンスプロミスでは、金利が4.5%〜17.8%です。
下限の金利を見ると4.5%と低く感じられますが実際に適用される金利は上限であることが一般的です。
初めて利用することは、「実際の取引」という信頼できる実績がないためにリスク回避として上限が適用されます。
また、銀行カードローンも融資限度額に応じて金利が決まるもののはじめての利用では「上限金利が適用される範囲で融資限度額が決定する」傾向があります。

 

さて、このように上限金利をみるということを踏まえるとやはり消費者金融は金利が高いと感じられます。

 

金利が高いことがわかっていながらなぜ消費者金融は選ばれるのでしょうか。

 

理由1:無利息期間を活用

消費者金融の中にはプロミスやアコムのように初回限定サービスとして無利息期間を設けていることもあります。
無利息期間とは一定期間金利が0%になるというものであり、利息の心配をする必要がない期間です。

 

理由2:利息の計算方法を知っている

消費者金融のキャッシングは”少額キャッシング短期返済”が基本です。
それは金利が高いことが理由ではありますが、金利が高いことで何に負担がかかっているのかを知ることが大切です。
金利とは、借入残高に対して年間にかかる利息の割合です。
つまり利息といういわば「レンタル料」をいかに抑えるのかが金利を比較する理由になります。
その利息の計算方法を知っていることで消費者金融の金利は負担名ものではなくなります。

 

利息の計算方法を知る

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数
1日分の利息を利用日数分支払うことになります。

 

利息を抑えるポイント

1日分の利息はそれほどの金額ではありません。
そのため利用日数を抑えるつまり早く返済をすることで利息の支払額は少なくなります。

 

気軽なキャッシングはその本質を知ってから

消費者金融はよく「気軽なキャッシング」と言う言葉で表現されています。
しかしお金を借りることが簡単ということではありません。

 

貸金業者からお金を借りるということは金銭賃借の契約書を交わすことです。
社会人であれば契約書の力がお分かりになるでしょう。

 

唯一ゆるぎないルールは「約束の日に返済をすること」です。
それが約定返済日であり約定返済額です。
簡単なように見えて、入念な計画、シミュレーションをしなければ思わぬ出来事に対応ができません。

 

借りたお金は必ず返す、たったこれだけのルールです。
その本質がわかっていればそこに、早く返済をして利息を抑えることや無駄な返済手数料を払わないことなど気軽なキャッシングではなく”賢いキャッシング”をするための方法が見えてきます。